fratto編集部

愛知県豊橋市発のコミュニティー&ライフスタイルマガジン「fratto」編集部の日々を綴るブログです
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
役得
後姿、横顔

ライターは役得だなあと思う。
カメラマンの撮影する姿を目の当たりにできるから。


後姿、横顔

取材から戻り、
「ああ、あのとき○○さんはこんな写真を撮ってたんだなあ」と、
撮影中の光景を思い返すのはたのしい。


後姿、横顔

自分には見つけられなかった鮮やかな視点、かけがえのない瞬間がある。
それに気づくことができて、うれしいし、(良い意味で)ちょっとくやしい。


この夏は、そんなことがたびたびありました。
: オシゴト : 12:36 : comments(0) :
或る日

2008年夏、
取材中のオフショットです。

或る日01
朝3時半から活動開始したり、


或る日02
今にもしゃべりだしそうなもふもふの犬に挨拶したり、


或る日03
疲れたニンゲンのおじさんみたいな顔のねこににじり寄ったり、


或る日04
カップルをこっそり撮ってみたり、


或る日05
しゃわしゃわと口のなかで溶けゆく氷を食べてみたり。


そんな一日でした。
: オシゴト : 12:39 : comments(0) :
おひさしぶりです

前回の投稿から、だいぶ間が空いてしまいました。
年に二回の発行となった「fratto」、
9月発行予定の次号制作に向けて、
じょじょに動きはじめております。


お食事_01


というわけで(?)、
先週の「vol.07発行おつかれさま会」(遅)の様子です。
伺ったのは、
浜松市は大平台に建つ瀟洒なレストラン、「クレル レヴェイエ」さん

ちなみに、「クレル レヴェイエ」というフランス語の意味は、
お店のウェブサイトで知りました。

  直訳すると“Clair”はフランス語で「明るい」「澄んだ」「清らかな」・・・
  “Revieller”は「目覚めていく」「再び」「取り戻す」という意味。

  生きていくことの難しさや辛さは誰にだってあるはず・・・
  そして時には優しさも忘れてしまったり・・・

  でも、そんな時“Clair”を思い出して頂けたら・・・
  自分自身の明るい心、優しい心と再び出会えて頂けたら・・・
  元気を取り戻して頂けたら・・・

  そんな想いを込めて、この場所を“クレル レヴェイエ”と名付けました。
  ※上記、グレイの文字部分はウェブサイトから引用しました


繊細であったか、そして滋味豊かなお料理のお味に
総勢女子5名、ひとくちごとに多幸感でいっぱい。
でもなにより、マダムはじめ、スタッフのみなさんのサーヴィスが心地よく、
やはり、もてなしが味わいを引き立てるスパイスになるなあ、としみじみ。
個人的には、牛のほほ肉の煮込みにうっとり、でした。

お食事_02
また食べたい! 牛のほほ肉の煮込み



お食事_04
TOBセレクトのデザートとTOBの肘


お食事_03
角砂糖入れの載ったお皿に、鳥
: ザッキ : 18:46 : comments(0) :
本日発売!
fratto07表紙
最新号の表紙写真は、UKAI河口湖オルゴールの森(朝野耕史さん撮影)です。


2008年3月25日。
本日、fratto vol.07が発売になりました。
お近くの書店で見かけた際は、
ぜひ手にとってくださいませ!
そして、感想もお寄せくださいね。

: オシゴト : 11:24 : comments(0) :
キル フェ ボンのある街
きのうの続き、7号のご紹介でございます。
パン、カレー、寿司、ビストロ、自然派レストラン、等など…。
毎号続いている食にまつわる小特集。
今回は、「キル フェ ボン」です!

浜松店におじゃまして、
あの、きれいですてきでおいしいタルトの作り手たちの想いを、
ぐぐっとディープに掘り下げました。
5ページのなかには21種類のタルト&ケーキの写真がずらり。
見ていると、どんどんおなかが減ってまいりますよ…。


紅茶茶碗
紅茶をのみほしたら、鳥があらわれました。(キル フェ ボンの紅茶茶碗ではありません)
: オシゴト : 20:38 : comments(0) :
ばら咲く庭へ、ようこそ。
ばら淡桃

来る3月25日(火)、fratto7号が発売になります。

特集タイトルは、
「ばら咲く庭へ、ようこそ。」

豊橋から日帰りで訪ねることができる、
東西のばら園をたっぷりご紹介します。
昨年の春の終わり頃から撮影してきた美しい写真を見れば、
きっとばら園に足を運びたくなることでしょう。
(もちろん、現在の編集部は「今年はばらを見に行きたいシンドローム」が起きております)

登場するばら園は以下のとおりです。
続きを読む >>
: オシゴト : 16:46 : comments(0) :
夢見月も、なかば
校了しました_01
トヨインのTさんとTOB(トヨハシオトメバンチョウ)です


夢見月の14日、vol.07出稿しました。
ふーやれやれ。
そして、今は色校のまっただなかです。
日が暮れるころ、色校をもどしたら、
ようやく一息つきます。

そして、
気づいたら、春だー。

校了しました01

三月には、たくさんのきれいな別名があります。

さはなさきつき (早花咲月)
ひいなつき (雛月)
かげつ (花月)
かげつ (嘉月)
はなみづき (花見月)
さくらづき (桜月)
ぼしゅん (暮春)
くれのはる (晩春)
はるをしみつき (春惜月)
ゆめみつき (夢見月)

字面はもちろん、読みもきれい。
日本語っていいなあ、と思います。

: オシゴト : 15:38 : comments(0) :
よい匂い
花


陽射しはあたたかくなってきましたが、
まだまだ寒い。
分厚いコートが手放せない今日このごろです。

冬太り脱却に向けて、がんばり中なのですが、
毎日おいしそうなものを職場で食べているみんなを見るに、
決意が揺らいでばかりです。
向かいの席からモスバーガーの良いかほりが……(涎)


: ザッキ : 19:14 : comments(2) :
桃の節句
桃の節句01


3月3日、雛祭りです。
桃の節句にさきがけて、
先週土曜日、デザイナK嬢のだんなはんのご実家から、
かわゆい和菓子が届きました。
九州からはるばると〜。

あまーいのかしら、と思いながら口にふくむと、
あらあらあっさり、上品な甘み。
ついつい次へと手が伸びます。


桃の節句01

箱がまたかわゆい!


ごちそうさまでした☆
: オヤツ : 17:57 : comments(0) :
4年に一度だけ
ひかり



2月29日。
4年に一度のいちにちが、過ぎてゆきます。

閏とは、暦の上での1年の日数や月数が、平年よりも多いこと。
締切に追われる職種の身としては、
この1日が特別なおまけみたいにうれしかったりしますなあ。

: ザッキ : 15:12 : comments(0) :
about.
categories.
archives.
entries.
comments.
trackback.
bookmark.
MOBILE
qrcode
other.