fratto編集部

愛知県豊橋市発のコミュニティー&ライフスタイルマガジン「fratto」編集部の日々を綴るブログです
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
コンテンツ、つづき


image_01


残暑らしい残暑がないまま、9月が終わろうとしています。
雨がしとしと降っていて、空気がつめたい日です。
そろそろお鍋のおいしい季節ですねえー。


さてさて、vol.10の内容をもうすこし詳しくご紹介します。


……………………………………………………………………………………


青きモダニズムへの追想 [明治・大正・昭和初期の豊橋]

  かつて東海道の宿場町として栄えた豊橋は、
  明治期の近代化にともない、軍都・蚕都として躍進し、
  文明華やかなモダニズムの時代を迎えた。
  近隣でいち早くガス燈が灯り、駅には客を待つ人力車が並び、
  まちなかを将校たちが闊歩する一方、 
  女工たちは絹糸を手繰り、花街には粋な端唄や都都逸が響いた。

  そんな明治の面影を、いま街に見ることはできない。
  昭和20年6月、豊橋は延べ300機以上のB29に空襲され、
  市街地の7割以上を焼失してしまった。

  “昨日のない町”と称された戦災都市。
  しかし、影は遠ざかっても、その時代は確かにあったのだ。
  文豪が残した一篇のエッセイを糸口に、
  その鮮やかな筆致から立ちのぼる、懐かしい情景を辿れば、
  誰しも心に宿る、故郷の灯を見ることができるだろう。

 

続きを読む >>
: オシゴト : 16:21 : comments(0) :
vol.10、コンテンツ
image_02



vol.10のコンテンツについて、お知らせです。


■特集
 青きモダニズムへの追想 [明治・大正・昭和初期の豊橋]
  Nostalgic Journey and A Novelist’s Emotions of travel
  TOYOHASHI 1868-1930


 □井上靖 エッセイ「旅情」 イラスト/板垣しゅん

 □ベル・エポックの時代の故郷 豊橋が歩んだ“現代風”への道

 □愛知大学に残る軍都・豊橋の遺構

 □東亜同文書院の時代と激動の日中近代史

 □軍都の残照 豊橋に残る戦争遺跡
   コラム 東田・小池遊廓

 □明治の偉人浪漫譚

 □文房四宝

 □古きよき時代を懐かしむ 豊橋のおやつ今昔

 □ひっそりとゆかしく 百年の刻を重ねた老舗料亭

 □古道具の愉しみ

……………………………………………………………………………………

□「ロウソクナミダ」 樋口一葉を歩く
   写真・八木史子

……………………………………………………………………………………

□働く女性のためのショップガイド
 Boutique&School ひとり歩きの休日

□fratto FAVOUR
 Let's Join Us/Artist/Workshop/Art
 Event/Music/Book/DVD/Travel

[連載コラム]
□Koji Matsumoto the Last Leaf
□ドイツボードゲーム塾
□やぎのフォトレポート
□西澤トモコのあこがれハノイ移住日記

□四柱推命で見る2009年10月〜2010年3月の運勢

□編集後記

……………………………………………………………………………………


上記のような内容です。
各記事については、これから個別に紹介していきます。

vol.10の取材にご協力いただいた方々から続々と、
電話やメールで感想をお知らせいただいています。
ありがとうございますー!

: オシゴト : 09:35 : comments(0) :
10冊め、できました

撮影:松本幸治さん/撮影場所:みのや


2006年春に創刊したfratto。
4年めを迎え、ついにvol.10が完成しました。
そろそろ書店に並ぶころ、上の表紙をお探しください。

特集のタイトルは
青きモダニズムへの追想 [明治・大正・昭和初期の豊橋]
です。

詳細は追ってお知らせします~

: オシゴト : 18:32 : comments(0) :
梅雨あけて
波濤


怒涛の取材月間だった7月が終わり、8月。
梅雨もようやく明けました。
きょうはひさしぶりの晴天。

もうすぐお盆休みですねー。

前号ぶりのカメラマンさんに久しぶりに会えるのも、取材のたのしみのひとつです。
次は、印刷後にお会いできるかしらん。


: オシゴト : 19:24 : comments(0) :
次号始動
 
記念すべき10冊目となる秋冬号、始動しました。


meeting01


初心に還って(?)、地元豊橋にディープにせまる内容になりそうです。
とはいいつつ、
さいしょの打ち合わせはちょっと遠出をしたりして。


meeting02


半田市のカフェです。


meeting05


細やかな意匠が随所にほどこされていて、
ちいさな発見がこころたのしい場所でした。


meeting04



次号の鍵となるのは、井上靖氏のエッセイ。


meeting03


紅茶とケーキのおいしいお店でした。

: オシゴト : 21:59 : comments(2) :
v0l.09、発売
fratto09
撮影:松本幸治さん/撮影場所:エトセ工房&パパゲーナ


桜が咲き始めましたね。
花粉舞い散る春、深まりつつあります。

さて、
2009年になってから作りはじめたvol.09が、いよいよ発売になりました!
特集は「水源の森と湖をたずねて」。

水が生まれる森。
そこに向かって川をさかのぼり、
森のそばで暮らす人びとの暮らしや、
設楽ダム建設予定地の、失われるかもしれない風景を取材しました。

今号も、まずはコンテンツをご紹介します。


CONTENTS
……………………………………………………………………………………………………………
■特集:水源の森と湖をたずねて

□森に住む賢人
  家具・パン職人 エトセ工房&パパゲーナ 磯貝安道さん
  ヴァイオリン職人 Sadaprimo 宇野定男さん
  イラストレーター 中村広子さん

□森の落としもの

□声なき森の終焉 設楽の森にダムができる
  田口鉄道廃線跡
  沈みゆく集落の風景 大名倉/川向/八橋
  オシドリの里 伊藤仙二さん
  海のほとりで森を想う 馬塚丈司さん
……………………………………………………………………………………………………………
□Yutaka Nishizawa Photographs
  西澤豊「多米・岩崎 自然歩道」
□みすずかる信濃・高遠 本をめぐるものがたり
□佐鳴湖Pottering
□働く女性のためのショップガイド
  Boutique&School ひとり歩きの休日
□fratto INFORMATION
  美術館&博物館/イベント&祭り/音楽/本/映画案内
□お陽さまの暮らし natural life story
……………………………………………………………………………………………………………



: オシゴト : 23:21 : comments(4) :
入稿前夜

海辺

すーーーーっかりご無沙汰しておりました。

冬の名残りはありつつも、気づけば春。
fratto9号も、3月25日の発行が間近です。
これだけニッキを書く期間をあけているのだから、
久々の更新の今回は、「終わりました!」とお知らせしたいところなのですが、
実は紆余曲折がありまして、
明日に入稿を控えている次第。

日ごろは単独行動が多い編集部も、
本日は久々の全員集合。
夜も更けてまいりましたが、いよいよ大詰めを迎えています。

これから追々、次号のご紹介をしていきたいと思います。
(しばし、お待ちくださいませ…)

: オシゴト : 23:02 : comments(0) :
vol.08、発売
vol.08
撮影:松本幸治さん/撮影場所:CRAFT CONCERT

本日、25日、『fratto』vol.08が発売になります。
こうして、新しい一冊が生まれたご報告ができることを、
とってもうれしく思っています。

「秋月夜」の文字のある写真が目印で、
青を残した夜空と日本家屋、灯りが奏でる色合いは、
手にとってこそのうつくしさです。

巻頭を飾るのは、
「月奏曲 Photographs ; Moon Light Concerto」。

frattoに携わってくださっている…、

八木史子さん (神島、お月見どろぼう他)
松本幸治さん (天竜・月、CRAFT CONCERT、テルムマラン ラグーナ他)
朝野耕史さん (Round Table、豊橋総合動植物公園)
西澤智子さん (西澤トモコのベトナム移住日記)

以上、4人の写真家による紙の上のコンチェルトです。
 ※カッコ内は、彼らが撮影を担当したvol.08の記事です

それぞれの感性で写し取った夜を見て、
みなさんの胸に、どのような調べが生まれるでしょうか。
お気に入りの一枚が見つかりますように…。

: オシゴト : 00:03 : comments(2) :
もうすぐ25日
月に見えなくもない

昨日、22日にfrattoが届きました。
今号は、色の出方が気がかりな写真が多かったのですが、
(夜の色というのは、ほんとうに同じものがないということが、
 この特集の写真を見ると、実によくわかります)
皆でうむうむと確認。
トヨインさん、いつもありがとうございます。

表紙は後日掲載するとして、
特集の内容を目次でご紹介しますね。

**********************************************

特集:秋月夜 秋の夕凪、月の庭。
三日月 月奏曲 Photographs ; Moon Light Concerto

三日月 月をめぐる旅
    天竜・月  “月”まで3km―――。
    神島  さざなみが紡ぐ月の音
    幽玄の水郷・海津へ  水と月の旅

三日月 いくつかの夜の物語 Tales of the Night    
    北欧の長い夜が作らせた、人生をともにする家具 CRAFT CONCERT
    未知なる闇を仄かな灯りで楽しむ 燦燈社
    キャンドルのある夜はやさし MERCY’S SANDWICHES&LIGHTS

三日月 南の空を望む、ひと夜の茶会 Round table

三日月 月光の降りそそぐ庭 At a Botanical Garden Flooded with Moonlight

三日月 お月見どろぼう

三日月 Dear Readers 夜を味わう本、12選

三日月 100年目の赤毛のアン 『Anne of Green Gables』

三日月 Reading Cafe

三日月 海への回帰 フランス生まれの海洋療法タラソテラピー
      テルムマラン ラグーナ Thermes Marins de LAGUNA

これまで以上に、ボリュームたっぷりな内容でお届けする特集です。
目次から、なんとなくイメージをお伝えできたでしょうか…?


: オシゴト : 00:36 : comments(0) :
終夜
よもすがら
Photograph:Fumiko Yagi

昨日の夜は、編集部にお客さまがちらほらお見えになりました。
そのなかのひとり、八木史子さんも夜更けに登場。
昨日の時点で、一部あがってきていた色校をじっくり見ていました。
上の写真は、八木さんが撮ってくれたものです。

『fratto』vol.08は、いよいよ旅立ちの日が近づいております。
もうひとふんばり、というところ。
制作部隊の夜を徹して、集中の限りを尽くして、
画面に向かう姿には、
いつも感謝と尊敬を思ってやみません。

【写真解説】
TOBの手前にあるのは、特集のはじまりのページ。
天竜川と木々の写真です。
特集「秋月夜」の冒頭では、月をめぐる旅が3つ、連なります。
場所は、
・月(浜松市天竜区)
・神島(三重県鳥羽市)
・海津町(岐阜県海津市)
今回は、今までとは写真の使い方がひとあじ違う仕上がりになりました。
編集であるわたしたち(TOB&TOBK=トヨハシオトメバンチョウ'Sコブン)は、
「秋で月で夜だよねー。うつくしいー」と、
そのまんまな感想を抱いておりまして、
読んでくださるみなさんがどう感じてくださるか、
いまから楽しみなんです。


: オシゴト : 15:27 : comments(0) :
about.
categories.
archives.
entries.
comments.
trackback.
bookmark.
MOBILE
qrcode
other.