fratto編集部

愛知県豊橋市発のコミュニティー&ライフスタイルマガジン「fratto」編集部の日々を綴るブログです
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
サクラサク、そして
sakura


土曜日の午後から雨が降りはじめましたが、
日曜日はきれいに晴れて、絶好のお花見日和でした。

fratto、またまた遠方からお問合せの声が届いています。
取材に応じてくださった方々からも購入していただき、
ほんとうにありがたいです。

特集のなかの「森の落としもの」で
フォレスト・コーミングの案内をお願いしたmanakoさんは、
WEBサイト「ポケットにタコノマクラ。」でfrattoの紹介をしてくださっています。
manakoさんの日々のことやお仕事などについて、
すてきな写真とともに語られる「ルナティックブック」という名前のページでは、
fratto取材日の様子も綴られているので、
過去にさかのぼってみてください。


: ザッキ : 12:42 : comments(0) :
ちいさな宴
ひつじも

おかげさまでvol.08は、
関西や関東在住の方からの注文もいただいています。
ありがたい気持ちでいっぱいです。

三河で作った雑誌が、遠くへ旅立ってゆくのだなあ…。
frattoを読んだ、彼の地に住まう人たちが、
いつかわたしたちの街に遊びにきてくれたらいいなあ、
などなど夢想しています。

さて、先日、
カメラマンさんやライターさんなど、
制作に携わってくださった方々をお招きして、
ちいさな宴を催しました。
編集部の会議室にススキを飾り、手作りの料理をご用意。
和やかな雰囲気のなか、楽しい時間を過ごすことができました。
vol.08が発行されたことをしみじみ実感した夜でした。


うしも
深いブルーのクロスはTOCセレクト
: ザッキ : 08:58 : comments(4) :
Reading Cafeのこと
読書のおともは何にする?

前回書いた目次のなかにある、Reading Cafeというコーナー。
ここでは、「読書の秋」にからめて、
お店に置いてある本を読むことができるカフェをご紹介しています。
取り上げた店舗は四つ。

茶房日々[浜松]  森のなかにひっそりと佇む茶室
ワイズ・カフェ[浜松]  オーナーが集めた画集が揃う、ギャラリー&カフェ
joia(ジョイア)[豊田]  旅好きな女性がはじめた、珈琲と焼き菓子のお店
Ragslow(ラグスロー)[岡崎]  1,000冊以上もの蔵書がある、夜カフェ

どの店も、「■■みたいな」などという括りに入らない、
独自の個性を放つたたずまいと雰囲気があります。

家でごろごろ読書も良いけれど、
秋空のした、カフェを訪ねるのも素敵。
そこにある、誰かが選んだ本のなかに、
自分の興味をそそるものが見つかるかもしれないのですから。
もちろん、そこには、おいしい飲みものもありますし。

: ザッキ : 09:52 : comments(0) :
おひさしぶりです

前回の投稿から、だいぶ間が空いてしまいました。
年に二回の発行となった「fratto」、
9月発行予定の次号制作に向けて、
じょじょに動きはじめております。


お食事_01


というわけで(?)、
先週の「vol.07発行おつかれさま会」(遅)の様子です。
伺ったのは、
浜松市は大平台に建つ瀟洒なレストラン、「クレル レヴェイエ」さん

ちなみに、「クレル レヴェイエ」というフランス語の意味は、
お店のウェブサイトで知りました。

  直訳すると“Clair”はフランス語で「明るい」「澄んだ」「清らかな」・・・
  “Revieller”は「目覚めていく」「再び」「取り戻す」という意味。

  生きていくことの難しさや辛さは誰にだってあるはず・・・
  そして時には優しさも忘れてしまったり・・・

  でも、そんな時“Clair”を思い出して頂けたら・・・
  自分自身の明るい心、優しい心と再び出会えて頂けたら・・・
  元気を取り戻して頂けたら・・・

  そんな想いを込めて、この場所を“クレル レヴェイエ”と名付けました。
  ※上記、グレイの文字部分はウェブサイトから引用しました


繊細であったか、そして滋味豊かなお料理のお味に
総勢女子5名、ひとくちごとに多幸感でいっぱい。
でもなにより、マダムはじめ、スタッフのみなさんのサーヴィスが心地よく、
やはり、もてなしが味わいを引き立てるスパイスになるなあ、としみじみ。
個人的には、牛のほほ肉の煮込みにうっとり、でした。

お食事_02
また食べたい! 牛のほほ肉の煮込み



お食事_04
TOBセレクトのデザートとTOBの肘


お食事_03
角砂糖入れの載ったお皿に、鳥
: ザッキ : 18:46 : comments(0) :
よい匂い
花


陽射しはあたたかくなってきましたが、
まだまだ寒い。
分厚いコートが手放せない今日このごろです。

冬太り脱却に向けて、がんばり中なのですが、
毎日おいしそうなものを職場で食べているみんなを見るに、
決意が揺らいでばかりです。
向かいの席からモスバーガーの良いかほりが……(涎)


: ザッキ : 19:14 : comments(2) :
4年に一度だけ
ひかり



2月29日。
4年に一度のいちにちが、過ぎてゆきます。

閏とは、暦の上での1年の日数や月数が、平年よりも多いこと。
締切に追われる職種の身としては、
この1日が特別なおまけみたいにうれしかったりしますなあ。

: ザッキ : 15:12 : comments(0) :
HAPPYばれんたいん
VD01
アルバイトMちゃんが皆に作ってきてくれた、アーモンドチョコレート。パッケージもかわゆい

昨日のバレンタインデー。
編集部ルームには、現在男子が2名いるのですが、
ほうぼうの女子から贈り物がいろいろと届いて、
うれしそうにもぐもぐもぐもぐ食べていました。ウラヤマシ

もちろんわたくしどもも、
食パンにイチゴジャムを塗って(半ば押し付け的に)プレゼント。


VD02

やや顔が引きつっていたり、

VD03

うれしそうな反応をしてくれたり、
で、ございましたよ。


締切の只中ながら、
つかのまのなごやかな時間を過ごしました。
: ザッキ : 16:47 : comments(0) :
東風吹かば
梅


東風吹かば にほひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ(菅原道真)


空気は未だ冷たいですが、
陽射しは春に近づいてきました。

: ザッキ : 18:31 : comments(0) :
現実逃避
富士山2330


データ整理をしていたら、
懐かしい写真を発見。(写っているのは、高山植物を撮影中のYさんです)
自分の中では、富士山登山取材はすでに昔。
時間が経つのは早いなあ。
いちばん重い荷物は、自分の贅肉だと知りました…。


ハイ。原稿書き逃避中デス…
: ザッキ : 17:53 : comments(0) :
オフショット
まつもとねずみ


会社の年賀状用の写真撮影は、
「fratto」でお世話になっている、
カメラマンのM本さんにお願いしました。

撮影後のオフショットを特別公開!
ねずみの耳をつけているのに、
まねきねこのポージングをしているおちゃめなM本さんです。
さすが、カメラマンは千のポーズを持っているのですなあ。。


: ザッキ : 17:34 : comments(0) :
about.
categories.
archives.
entries.
comments.
trackback.
bookmark.
MOBILE
qrcode
other.