fratto編集部

愛知県豊橋市発のコミュニティー&ライフスタイルマガジン「fratto」編集部の日々を綴るブログです
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コンテンツ、つづき : main : 次号のfrattoは4月末発売予定です >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
福嚴寺Fes 2009
おひさしぶりです。

Kです。


先週末、frattoのmusic informationにも載ってた音楽イベント

福嚴寺(ふくごんじ)Fes 2009」に行ってきました。


お寺でのライブってことで、どんな感じなんだろー?と

行く前から楽しみにしていたんですが…


境内に入ると、美しく手入された庭には

ドリンクとオーガニックフードの片手に

くつろいでいるひとたち。


本堂には黄金に輝く立派な照明(?)の下に

アーティストが演奏していました。

荘厳で神秘的な光景…


stage


客席は畳の上の座ぶとん。

正座…なんてしている人はおらず、みんなくつろぎモード。

目を閉じて聞き入ってる人、

体育座りでじっと見つめている人、

驚いたのは、寝転がっている人がいること…

それも、なかなかの数。


確かに、音響/エレクトロニカを聴いていると、心地よくて眠くなることがあります。

そんなの、アーティストに失礼かな?と思っていたけど、

主催者曰く、むしろ「寝かせにきている」だそうで、

「みんな酒飲んで気持ち良くなって爆睡して最高でしょ?!」とご満悦。


外からは虫の声、中ではドローン/アブストラクトな音響の世界。

…お言葉に甘えて、私も寝てしまいました。


greg

(アーティストの目の前で寝てた人)


でも寝てられないアーティストもいました。


山本達久さんという“純アコースティック非エレクトリックドラマー”。

いやー、凄かったです。衝撃的。

すごい早さで手が動くんです。自分の回りに色んな打楽器置いて、

あんな音一人で出しちゃうなんて神業。

観れて良かった。

このときばかりは、お客さんみんな起きてました。

山本さんは、灰野敬二とのセッションや、

あのジム・オルーク、カヒミ・カリィのレコーディングにも参加したらしいです。


このイベントはロケーション/雰囲気も含め、かなり素敵で、

来年も絶対行きた〜い!と思いました。

スタッフのみなさんは、大変だったと思います。おつかれさまでした。

来年もぜひ開いて欲しいと思います。


sleepy


photo by pacino

: ザッキ : 12:14 : comments(2) :
スポンサーサイト
: - : 12:14 : - :
アーティストの前で眠っていいなんて!
びっくりです。
でも気持ちいいんでしょうねー。
: T : 2009/10/06 1:41 PM :
Tさん、そうなんです。
神秘的な空間で
とても気持ち良く眠ってしまいましたー…zzz
: K : 2009/10/07 2:49 PM :









http://fratto.jugem.jp/trackback/82
about.
categories.
archives.
entries.
comments.
trackback.
bookmark.
MOBILE
qrcode
other.