fratto編集部

愛知県豊橋市発のコミュニティー&ライフスタイルマガジン「fratto」編集部の日々を綴るブログです
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
森、道、市場 2013
 5/13(日)は見事な良い天気!
昨年の「森、道、市場」はfrattoも出店者として楽しみましたが、
今年は一般客として、1日だけですが、
昨年味わえなかったお店めぐりとライブの楽しみを満喫してきました!

お昼頃到着、ライブ(YOUR SONG IS GOOD)は始まっていましたがしっかり鑑賞。
その後飲み物とゴハンを求めて会場を食べ歩き
ライブ(THA BLUE HERB)→お店めぐり・食べ歩き→
ライブ(bonobos)→お店めぐり・食べ歩き→
ライブ(コトリンゴ)→お店めぐり・食べ歩き→
ライブ(TOKYO No.1 SOUL SET)→電車が混む前においとま…
と順調にすべてを楽しみつくして大満足!!

会場を回っていて驚いたのは昨年見ることができなかった奥の山、秘境ステージ。
階段を登って行くと、今にも崩れそうなところにたたずむ
招福閣という大きな建物に圧倒され、
さらにそこから奥に続く細〜い山道を行くと、
小さな小屋(直径1.5mくらいの醸造樽に屋根と扉をつけた円形の小屋)が
これまたすべりおちそうな感じで点在している。

…なんなのこの感じ
ジブリ+不思議の国のアリス、な摩訶不思議空間で、
千と千尋よろしくタイムスリップしてどこかに迷い混んでしまったかのようでした。
この方「森、道、市場」2011のですが見事なレポートで建物も見れます)

「森、道、市場」は、この場所を見て惹き付けられてしまった、
主催者の岩瀬さんから始まりました。

「森、道、市場」のいきさつなど詳しいことは現在発売中のfratto vol.17内
「ついたち意匠考案室」の岩瀬さんのインタビューページで読めますよ。
ぜひ手に取ってみてくださいね!!

それにしても、雑貨好き、音楽好きが集う5月の山、みんな本当に楽しんでました。
色々大変なこともあると思いますが、ぜひ来年もやって欲しいなーと切に願います!

bonobos
この日最高に盛り上がってたbonobosのステージ
: レポート : 16:59 : comments(0) :
豊橋のイベント「Bouquet vol.2」
garage presents bouquet vol.2。
「音」「緑」「食」をひとつに、ということで「ブーケ」vol.2です。

bouquet

フライヤーを見ると、foodブースにAux Crieurs De Vinの名が。
豊橋のお洒落通り(←勝手に呼んでる)にある、お洒落なフレンチレストランです。

そこのシェフなんですが、実は私浜松で昔出会っておりました。
彼は、私が昔働いていたレコード屋さんのお客さんで、
よく彼の奥さん(当時は彼女)とフレンチポップやネオアコ辺りを買ったり、
ギターポップのイベントにも来てくれて、まさに爽やカップルでした。

それから10年…
お店を辞め、結婚して浜松を離れ、彼らと会う事もなく、豊橋に住むようになり…
数年前駅前にAux Crieurs De Vinという店ができ、
そこでシェフをしている事を知りました。
「えっ、あの超しゃれてる感じの店ですかー!」とビックリしたものです…

ソムリエの方も、スペシャルなときに利用するレストラン、Frascatiにいらっしゃった方で
やっぱりAux Crieurs De Vinも私の中ではスペシャル。
建築(空間)も、ロゴマークも、スペシャル素敵な店なんです。
あんな高級店(?!)の料理が気軽にイベントで味わえるんだー!(食いしん坊万歳!)

前置きが長くなりましたが、そんなわけで、行ってきました。
あの広〜いgarageの2Fが人でいっぱい。
でもちゃんと座るところはたくさんあり、立ち見も結構いましたが
座れなくて困る!っていう程でもなく、
みんな好きな料理を食べたり、飲んだり、ライブに浸ったりと、
思い思いに寛いでおりました。

さらに田原のめちゃくちゃかわいいお店、雑貨+パン+カフェの
ohacoも出店されてて、こちらもなかなか行けないので嬉しかった。
コーヒーも、これまた素敵なカフェ、Apollo Coffee Worksのだったようです。
有機野菜農家vegimoも野菜たっぷりのスープを売ってて、体が暖まりました。
(vegimoは次号frattoに掲載予定です)

お客さんの中にはvegimoから野菜を仕入れているという
Granazulのオーナーがいたり(←野菜が美味しいと思ったわーw)
いつも美味しくごはんを食べ・ワインを飲みまくりに行く
(奥さんソムリエールによりついついいっぱい飲んでしまう)
ツバメ食堂のご家族がいらっしゃったりと
私にとっては三河の美味処が集まっていたイベントでした。

空間はもちろんgreenに溢れ、とってもピースフルで
バンド、DJ、ライブペインティングまであり、playerも楽しんでるのが伝わってきて
なんとも良い夜だったのでした。
: レポート : 18:10 : comments(0) :
秋の収穫 
10/30(日)、友達と「コトコト市」(法多山:袋井市)へ出かけてきました。

今回10回目となる雑貨市、
あいにくの小雨模様でしたが、多くの人が訪れていて
外は寒いのに屋内会場では熱気がすごかったです!

出店数も37店とボリューム満点。
浜松・袋井・掛川・静岡・藤枝・菊川・伊豆…静岡勢だけでなく
豊橋からも「garage」や「cha-min」などおなじみのお店が出店されてました。

屋内ではfratto vol.13にも登場してくださった
konohi」も出店されてました。もち、文房具Get!
他にも「Atelier Roji」の刺繍、私好みでとっても可愛かったな。
スイーツの店舗もたくさんあったので、
つい秋の味覚をひとつまみ、ふたつまみ…。unjour

そして主催者のひとりである雑貨店「un jour」の松浦さんを探し屋外へ…
いたー。frattoを応援してくださる、素敵な方です。
ハロウィンの仮装してました。キュート!

今なら食べ物ブースが狙い目だよ、っと教えてもらい、
腹を空かせた私たちは張り切ってGo!
このようなイベントにありがちなことといえば
食べ物関係が早々に完売…ってことが多いんですが、
なんせ店舗数が多いので大丈夫でした。
ずっと行きたいと思っていた
D-flat」のハンバーガーをいただく。うまし!

コトコト市を満喫した後はfratto vol.14のアーティスト頁に登場していただいた
ランプ職人の中村さんのお店「遊楽民」へ。
お店の方は、ランプだけでなく古道具も豊富でした。

ひょうたんランプはfratto製作中に写真では見ていたけど、
実際に見ると一番小さい穴は本っ当〜に小さい!!
ちょっと、いやかなり感動でした。

ランプ制作の他にも、古いモノの仕入れのお話とかも気さくにしてくれて
とってもお話しやすい魅力的な方でした。
ここでは伊万里の蕎麦猪口をGet!

そして遊びの〆はやっぱりゴハン。
「洋食屋さん くるみ」にて。
この日一緒の友人だけでなく、他の友人からも美味しいと聞いていたので楽しみ。
私はコロッケ、友達はカツレツ。もう…絶品!ぜひ行ってみてください!
というわけで、私の秋の収穫、大満足でした。

さて、fratto vol.14、出てます。
詳細はwebにて。どうぞ買ってくださーい!:D
: レポート : 17:33 : comments(2) :
夏の思い出 7/23(金)
 fratto vol.12の表紙にもなった、ぶどう園音楽会(浜松市東区)が今年も開催されました。
当日はあいにく仕事だったため、最初から楽しむことはできなかったけど、
トリ(渡辺俊美さん @TOKYO NO.1 SOUL SET)にも無事間に合い、
美味しいフードもいただけて、私的には満足!

フードブースは、ぶどう園音楽会主催者のひとりであるくらや珈琲店はもちろん、
はなまる6月号カレー特集にも載っていた磐田市のR食堂さんや、
豊橋からは自家製酵母パン 木槿さんが出店されてました。

木槿さん、実は蒲郡市の、これまたfrattoに掲載させていただいたセレクトショップ、
pleasureさんの「ノスタルジックなクローゼット展」にも出店されてたそうです。
くらや珈琲店の店主もよくわざわざ浜松から買いに行かれるとか。
そんな人気者の木槿さんが近くにあるなんて豊橋市民は幸せ者。

そうそう、ノスタルジックなクローゼットはmina perhonenにも
携わっておられるmoss*の石澤敬子さんのソーイング本。
ワンピースを作りたくて私も本屋で手にとってみました。
中身を見たら…裁縫初心者の私にはとうてい作れそうもない感じだったのですが(汗)
本当に本当にかわいい本で作れなくても手元に置いておきたいブックです。乙女必携。

音楽会の話に戻りますが
日が落ちたビニールハウスの中で、頭のすぐ上にはぶどうが実り
ほぼキャンドルの灯りだけの何とも言えない幻想的な雰囲気。

バタバタと駆けつけた私ですが、
(駐車場では慌てて「ここ停めてOKでしょうか?!」と尋ねたら出演間際の俊美さん
本人だった…動転して謝ることもできず、すみませんでした。。orz)
そんな最高のロケーションにすぐに酔うことができ
音楽に集中して聴くことができました。

愛のうたをたくさん歌われた俊美さん。
福島県出身で、東日本大震災後、勢力的にチャリティー活動をしているそうです。
猪苗代湖ズ」というバンドを福島出身の凄いメンバーと組んでいて
(松田晋二@THE BACK HORN、山口隆@サンボマスター、箭内道彦@風とロック
&渡辺俊美@TOKYO NO.1 SOUL SET)
ライブでも歌われた『I love you & I need you ふくしま』は
ダウンロードすると全額福島県災害対策本部に寄付されます。

音楽会の手みやげには「おしゃれねぎ」(何というネーミング!)をいただき、
私もすてきなママになりたいわーと思った次第。

行って良かったな。
今年の夏の良いスタートになりました。
そう、夏はまだまだこれからです!!

真冬生まれの夏LOVE女、Kでした。

: レポート : 00:00 : comments(6) :
about.
categories.
archives.
entries.
comments.
trackback.
bookmark.
MOBILE
qrcode
other.