fratto編集部

愛知県豊橋市発のコミュニティー&ライフスタイルマガジン「fratto」編集部の日々を綴るブログです
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
桃の節句
桃の節句01


3月3日、雛祭りです。
桃の節句にさきがけて、
先週土曜日、デザイナK嬢のだんなはんのご実家から、
かわゆい和菓子が届きました。
九州からはるばると〜。

あまーいのかしら、と思いながら口にふくむと、
あらあらあっさり、上品な甘み。
ついつい次へと手が伸びます。


桃の節句01

箱がまたかわゆい!


ごちそうさまでした☆
: オヤツ : 17:57 : comments(0) :
目にたのし、口にうまし
どらやき01


会社で育てているペチュニアの生育が思わしくなく、
日々悶々としております。
今朝になって「過保護にしすぎだからかも……」と(今更ながら)はたと気付きました。

気を取り直しまして。
おやつ紹介でございます。

登場するは、
旧友の結婚披露パーティーのために上京したYちゃんのおみやげ。
「創り人英喜」の餅どら焼き。
まずはパッケージの色使いに、胸がときめく。
封を開けると出てくるどら焼き。かたちはしょうしょう変わっていて、半月形。
その意外性もすてきです。

ひとくちかじると、更におどろき。
餅は、餡と一緒に皮のなかに入っていると思いきや、
皮に餅粉を練りこんである!
薄く軽やかな皮なのに、歯ごたえはしっかりもちもち。
粒餡の舌触りと相性よく、上品な後味のお菓子でした。

「an・an」でも紹介されたのですねえ。
味わい深く、
目にもたのしいところに、デザイナーらしさを感じました。
贈り手の気持ちがあらわれるおみやげから気付かされることって
意外と多いです。

「うなぎパイ」を選ぶことが常の自分を省みる編集Rでした。……だってすきなんだ。



どらやき02
: オヤツ : 13:19 : comments(0) :
キルフェボン堪能
しめきりが再来週に近づき、
わたわたしております。

ところで、
疲れたときに頬ばるスウィーツは、なにゆえにあんなに美味なのでせう。
編集部の面々、みんなあまいものがだいすきです。

さて本日のおやつタイムのパートナーは、



じゃじゃん!



きるふぇぼん



豊橋スウィーツ番長(TSB)の異名も持つ(本職は、豊橋乙女番長/TOB)編集長が、
「キルフェボン」のケーキを買ってきてくれました。(後ろに写り込んでるひとが編集長)

時刻は午後4時、
まったりとした空気が漂う事務所でPCに向かうYちゃんとわたし。
そこに、
ドアをがちゃりと勢いよく開けながら、
「おやつだわよ〜♪」
陽気な声とともに編集長登場。(後ろには外出に同行したKちゃん)
狂喜乱舞するわたしとニコニコYちゃん。

箱を開けると、かわいらしいケーキがどっさり。
一気に空気が華やぐ。
数えてみると……、ぜんぶ違う種類で、7個あるですよ。
わたしたち……、4人ですよ?


「たくさん買ってきちゃった☆」(エヘッと笑う編集長)


カンゲキ。


ここはTOC所属の乙女らしく(?)、
全種類味見したいよね!? で満場一致。
Kちゃんが分け分けし、みんなでつつきあって食しました。



おいしかった!



<本日のラインナップ>
●バラとライチのタルト ※2007年新作
●イチゴのタルト
●ブルーベリーのタルト
●里娘と胡麻のタルト
●ハチミツとレモンのタルト
●ガトーショコラ“女王の花”風 ※映画『クィーン』とのコラボレーション
●ガトーショコラ

以上でございます。ぺろり。
個人的に、
「ハチミツとレモンのタルト」(レモンの酸味と香りがさわやか)、
「バラとライチのタルト」(バラの香りとライチの風味は好相性。優雅な気分に包まれる)
の、うっとり率が高かったです。
たいへん幸せな時間を過ごしました。ごちそうさまでした、番長!


ブログ内の「オヤツ」カテゴリ、
番長のおかげで、この先ますます充実してゆくことでせう。
: オヤツ : 21:18 : comments(4) :
まだ桜
きんつば
編集長が取材で訪れた飯田市のお土産にきんつばをくれました。
小腹が空いてきた夕方、お茶を入れて小休憩。

竹皮の包みをあけると、マァかわいい☆
笹の葉に包まれた小ぶりなまあるいきんつば。
きんつばと言えば角形だと思っていたのに。
しかも桜の塩漬けがちょこんとのっかって。

添えられていたリーフレットには
「創業文政元年・和泉屋庄三郎・飯田城主ご用達・名代大きんつば」
と記してあり、とても由緒正しきものらしい。

なんでもおいしいおいしい言って食べてしまう私に
繊細な味の説明はできませんが(モチ美味しかったです)、
とりあえず見た目に胸キュンで、
お土産ひとつにも乙女を感じました。
さすがTOC(Toyohashi Otome Club)。

ごちそうさまでした!!
: オヤツ : 23:06 : comments(2) :
割り込み日記
Kです。
次号frattoはカフェ特集。カフェといえばスイーツ、スイーツといえばバレンタイン(無理矢理)。私は一応毎年"手作りチョコ"なるものを作っていたのですが(溶かして固めただけのようなヤツですケドええ)、今年からは買うことにしました。

frattoにも広告を出していただいている"Cerfeuil(セルフィーユ)"というチョコレート専門店が昨年国1添いにオープンして、ずっと気になっていましたが、先日やっと行ってきました。
本当は粒のチョコを買いに行ったのだけど、その隣のショーウィンドーには色とりどりのケーキたち。ホワイトチョコのケーキを見たのも、チョコレートのケーキだけこんなに並んでいるのを見たのも初めて!ということでケーキを3種類買ってみました。さすがショコラティエがいるお店、チョコが濃厚!うちの主人はどんなケーキ屋に行ってもチョコレートケーキしか買わないチョコ好きなのですが、今までのチョコ人生で3本の指に入る美味しさだと絶賛。じゃあ私の作るチョコよりこっちの方が嬉しいでしょう、ということなのです。決して私の作るチョコが不味いとか時間が掛かって面倒だとかいうわけではないので悪しからず。
ということでセルフィーユ、お薦めです。春になったらそこのオープンカフェも利用してみたいなと思っています。cerfeuil
: オヤツ : 11:46 : comments(2) :
about.
categories.
archives.
entries.
comments.
trackback.
bookmark.
MOBILE
qrcode
other.